So-net無料ブログ作成
検索選択

横峯式教育法 [子育て]

テレビでこの教育法について紹介されていた。 気になるのでメモる。

この先生の幼稚園では全員が逆立ちで歩けて、絶対音感をもっているという。

さらには、小学2年生並みの学習能力がある。

子育てには色々考え方がある中で面白い話。

----------------------------------------------


子どもには可能性のスイッチがあるという。

そのスイッチが入るには次のことがポイントとのこと。

 

1 競争させる

 →テレビでは、幼稚園児が毎朝カケッコして先生が順番をつけてました。


2 マネをする特性を使う

 →テレビでは、先生のピアノの音に合わせてハーモニカの同じ音を出してました。

  絶対音感を身につけるという。鳥の泣き声がどの音かもわかるといってました。

3 ちょっとだけ難しいことをさせる

 →テレビでは、ひらがなの 「あ」 は書くのが難しいから「―(横棒)」、「+(十字)」から書き始めていた 

4 認めてあげる

 →テレビでは、先生が子供が読んだ絵本のタイトルを 「えほんのーと」書きこんでました。貯金の記帳みたいに。

 

天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!

天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!

  • 作者: 横峯 吉文
  • 出版社/メーカー: ゴルフダイジェスト社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。