So-net無料ブログ作成
気になるビジネスモデル ブログトップ

気になるビジネスモデル -クリック募金- [気になるビジネスモデル]

気になるビジネスモデルを目にしたのでメモ。



株式会社ディ・エフ・エフが運営しているクリック募金。
企業の社会貢献活動を支援するビジネス。

>> http://www.dff.jp/

クリック募金に参加する企業が公開しているWEBサイトの社会貢献活動ページを誰かがみると、ページをみた人の代わりにその企業が設定している基金等へ寄付するしくみ。
参加企業は単に募金するだけではなく、モニターから直接自社の活動について意見交換できるしくみにもなっている。
WEB上でクリック募金を手法として活用した、企業の社会貢献活動マーケティングを支援するということなのか。

やっぱりここでも仕組みを作り出し、利害が一致する誰かをまとめ、そしてポータル化している。
さらに言えばここのサイトでいうと参加企業を増やすために同じ仕組みの普及方法をとっている。
具体的にいえば、参加企業に社会貢献活動ページを自社サイト内に設けてもらい、一般参加者の募金の場とし、ディ・エフ・エフのサイトでは参加企業にどんなところか紹介し、利用方法を説明する。
自社のサイトだけで完結させず、他のサイトに窓口を設ける。
普及させるための仕組みをパッケージ化しておくことが大事なのかも。

ブログパーツもある。

ご覧頂きありがとうございます´∀`)
よかったらこちらもどうぞ´∀`)♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

公共施設のレストランが今アツイ。 [気になるビジネスモデル]

朝日新聞をみていて気になるビジネスがあったのでメモ。
※一部参考に引用


見出しはこうだった。
『公共施設に次々出店』、『魅力底上げ集客に一役』。

どうやら美術館、空港、駅などの公共施設を中心にレストランを運営する企業のようだ。

株式会社ゼットン
>> http://www.zetton.co.jp/

国内外に持つ31店舗中12店舗が公共施設内にある。
07年8月の中間連結期の売上高23億円のうち、11億円をその12店舗で稼いでいる。
(んー面白い会社だ。)
株主優待として各公共施設の入場券をつけているらしい。

公共施設での事業展開について、同社、稲本社長曰く、
「民間ではつくれない付帯的価値」に集客装置としての魅力を感じたいう。

お役所から敬遠されがちな同社の事業を支えているのは独自のプロデュース力。
「店づくりは街づくり」、「二つと同じ店は出せない」。
その街にあった内容の店をゼロから作り上げているとのこと。
ここ最近は全国に自治体から出店についての情報が寄せられているよう。

自治体と同社の利害が一致してますね。
これからも注目したいビジネス。

ご覧頂きありがとうございます´∀`)
よかったらこちらもどうぞ´∀`)♪

図解 よくわかる公共(パブリック)マーケット・ビジネス―再び注目を集める20兆円市場 (B&Tブックス)

図解 よくわかる公共(パブリック)マーケット・ビジネス―再び注目を集める20兆円市場 (B&Tブックス)

  • 作者: 井熊 均
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロストバゲージが最終的にどうなるか [気になるビジネスモデル]

以前TVで放映されていたことを思い出したのでメモ。

アメリカでは空港のロストバゲージ(忘れ物、間違って他の空港に行った荷物)を以前までゴミとして処分していたらしい。

それを聞いた人が自分でビジネスを起こした。
それが「ロストバゲージショッピングセンター」だった。

空港がゴミ処分していたロストバゲージをまとめて買いしてしまうらしい。
あまりの激安さで人気らしい。
なかには自分が無くしたものが見つかったという人も実際にいるとのこと。

でもビジネスとしては成功していて、空港のゴミがリサイクルされてエコロジーなのは間違いないけど。。。
荷物をなくした人には複雑な話。

またニューヨークに行く前に旅行の本とか見てなくさないようにしとこ。

ご覧頂きありがとうございます´∀`)
よかったらこちらもどうぞ´∀`)♪

B06 地球の歩き方 ニューヨーク 2007~2008 (地球の歩き方 B 6)

B06 地球の歩き方 ニューヨーク 2007~2008 (地球の歩き方 B 6)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2007/05/19
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

ホットドッグが温泉に?? [気になるビジネスモデル]

今日の朝日新聞に面白い記事があった。

タイトルが、「ホットとドッグで健康管理 湯原温泉」。
人間ドッグ付の温泉保養のようだ。

健康より仕事を優先してきた団塊の世代をターゲットに、
旅館の女将が発案したとのこと。

地元にある湯原町旅館協同組合と湯原温泉病院のダッグで運営している。

「何かと何かをつなげてコーディネート」
そのコーディネートがポイントか。

それにしても温泉いいねぇ♪

湯原温泉


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
気になるビジネスモデル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。